--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.26 (Fri)

悲しい場所

其処に行くのが切なくて暫く避けていた場所・・・、
2か月ぶりに足を踏み入れました。

其処は・・・、近所のホームセンター
そのホームセンターにはペットショップが併設されております。
ニャンコグッズを買うために結構頻繁に通っているお店だったのですが
ちょっと切ない事情があって最近避けていました

これだけでおわかりの方が多いですよね?

そうなんです、
大きくなってしまったニャンコの事が気がかりで・・・
かといって買ってあげることもできない
とても気になるニャンがいたんです

久々に足を踏み入れました・・・
そこには私の気にかけていたニャンの姿はなく
代わりに小さな子猫がいれられていました

あのニャンコは誰かに買ってもらえたのでしょうか?
それとも他支店へたらいまわしでしょうか?
繁殖者に戻されたのでしょうか?

考えても仕方ない事ですが新しい住人に変わったケースを見て
又、悲しくなりました。
こんな想いは今までにも何度も経験していますが
今回は特に思い入れがありました。何故なら・・・、
タイミングが少しずれていたら、条件が少し違っていたら、
あの仔はうちの仔になっていたと思うんです
その子を初めて見たのはアニーを迎える事が決まった翌日でした
アニーの為に新しい猫グッズを買いに行ったときです
その時点で既に生後6ヶ月、狭いケースでうずくまる猫
数日前にはその店にいなかったので他支店から回されてきたんでしょう
その時考えたのは、アニーは私がキャンセルしても
この先いくらでも良縁があるのは間違いない。
でもこのケースに入ったこの仔はどうなるんだろう・・・?
旦那ちゃんに相談をすると
「この仔は男の子だよ。それでもいいの?」
そうだった!シュウ君との相性を考えて女の仔限定で探していたんだ・・・

散々悩むも結局その子はウチの仔にはならなかったんだけど
どうしても気になって・・・・
今年1月に生後8カ月の姿を見たのが最後です
幸せになってくれているといいのですが・・・



そのホームセンターで買ったお土産に狂喜乱舞のニャンズ

1522a.jpg


いえいえ、それは違いますって!
後ろにある「大」のプラケースと交換するんですよ



1523a.jpg


ダイニングテーブルの上のお馴染のプラケースを、
一回り小さなものに交換しました

ニャンズへのお土産は新しいトンネルです
トンネル好きの二人がいつも取り合いをしているのでもうひとつ買いました

1524a.jpg


1525a.jpg


結局アニタンがさっさと中に入って行きましたが反対側にシュウ君がいる為通り抜けは出来ません。
中央からお顔を出して思案顔、ふとファインダーを覗くと・・・
胴の長い一匹の猫になってるぅ(笑)合体だ!

思案顔のアニタンは何を考えているんでしょうね?

1526a.jpg


確かにアニマル柄が良くお似合いですわ

一方、プラケースが小ぶりになってしまい、ちょっと不満顔のシュウ君でした

1527a.jpg

 ふたつのランキングに参加しています。応援して頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ
      yajirusi-01.gifポチポチっとふたつお願いします。yajirusi-01.gif



23:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

私もペットショップが昔から苦手です・・・絶対、ゲージの傍を通らないで、視界に入らない様にダッシュします。ホントに小さなケースに入れられてるんですもん。見たらみんな連れて帰ってあげたくなるんですもん。ここはブログまで書いてるような大切にされてる皆さんばかりだから同じ思いですよね。でもまたそういったケースに目を向けてくれる人も居ないといけない訳で・・・抄粒夢のTamaさんとも一度お話したことがありました。少しでも不幸な子を減らすために、縁があって、うちに来てくれた目の前に居る子を大事に大事にしてあげる。出来る事はそれしかないですよね。
toamama |  2010.03.27(土) 01:03 |  URL |  【コメント編集】

ペットショップのガラスケースで年端もいかない子が
無邪気に遊んでいる姿を見るのも切ないけれど、
成長しちゃった子が所在なげに寝転んでいる姿ほど
心が傷むものはないですね。
特に…やはり少し価格設定がお高めなせいかそんなラグちゃんに
遭遇する確率が高い気がする…
でも私たちが今できるのはtoamamaさんのおっしゃるように
目の前のわが子を大切にすることなんですよね。
老後にお金と時間があればそういう活動をお手伝いしたいと
漠然と思っているのですが…ああ宝くじ!!竹藪マネー!!

シュウ君とアニタン、まだまだこんなに大きさに差があるのですね。
2ショットがどれもほほえましい~(含胴長猫)
usainu |  2010.03.27(土) 07:04 |  URL |  【コメント編集】

私は子供の頃は何も知らず、ペットショップに行けば色んな猫に
逢えると好きでした。
ネットをする様になって、現状を知ってからは行くのが辛くて......
遊びたい盛りの子猫も、大きくなって値段が下がってる猫を見るのは
苦しくなりますよね。
出来る事なら連れて帰りたいけど、難しいし.....
ママさんが見かけた仔も、アニタンと同じ様に、縁ある方と出会えて
幸せになってると良いな。

両側から覗き込んでるシュウ君とアニタン、可愛いな。
胴が長い猫、マジックが出来そうだわ(笑)
mogu07 |  2010.03.27(土) 08:58 |  URL |  【コメント編集】

皆さんと、私も同じ思いです。
今のペットショップには、辛いものがありますよね。
我が家ののんも、移動店舗のペットショップで、9ヶ月で売れ残っていた仔です。
ボロボロになって隅に放置されていて、とても情けない顔をしていました。
肺炎も起こしていました。
全ての仔を救えることはできませんが、今縁あってうちにいる仔は、終生大事にしてあげようと思っています。

シュウママさんと出合ったその仔も、きっと今頃は、幸せな家族と生活していると思いますよ。
ねっ、シュウ君、アニタン!
のん福レオのお母さん |  2010.03.27(土) 10:48 |  URL |  【コメント編集】

うちのヘンリーは、6ヶ月のときに巡り会いました。
すでにアビシニアンがいましたから、ちょっとのぞきに・・・くらいの気持ちでペットショップに行ったとき、なにやらでっかい猫がいるなあと見てみると、価格は正価の四分の一くらいに下がったラグが、心細そうにしていました。
実は頭におできができてしまい、手術をして毛を剃ってしまったので、生えそろうまでバックヤードにいた子です。
担当のお姉さんが明日からお店に出そうと準備をしていたそのときに巡り会ったんです。
事情をよ~く考えた上で、翌日もう一度行ってみてまだそこにいたら連れて帰ろう!と決心して行ってみたら、なんと息子もそこに来ていて・・・もちろん即!家に連れて帰りました。
インディージョーンスを観た帰りに出会ったので、ヘンリーと名付けたそのおっとりした子が、今のわんぱく王子なんですよ。
この子をあのとき迎えに行ってなかったら、やっぱりちょっと悔やんでいたでしょうね。
でもきっと、そこにいた子もこんなヘンリー王子のおばかな飼い主のような方に幸せにしてもらっていると信じてます。
シュウ君、アニタンのようにね。
ヘンリー王子 |  2010.03.27(土) 14:55 |  URL |  【コメント編集】

ペットショップで売られている子達・・・。本当見る度に複雑な気持ちにさせられますね。
あんな狭い箱の中で、生後間もなくから見せ物になってるって悲しいですよね。しかも店頭に動物並べて売ってるのは日本だけみたいだし。
ママさんが気になってた子、素敵な家族に迎えられてるといいですね!犬や猫はペットじゃなくて家族ですもんネ!
merumomo |  2010.03.27(土) 19:12 |  URL |  【コメント編集】

toamamaさん
toamamaさんは昔から苦手だったんですね
私は自分が猫飼いになれる環境じゃなかったので
ペットショップが唯一の生のワンニャン達を
見られる場所だった為、近くを通ると必ず覗いていました。
苦手になったのはシュウ君を迎えてからです。
狭いケースの中でしか遊べないワンニャン達を
見ていたら切なくなりました。
私達に出来る事は「目の前にいる子を大切にする」
という事。激しく同感です。
今は、自分の目の前にいる子を大切にすることで
逆に私が幸せを貰っています。

usainuさん
殆どのショップはケースが狭いでしょ?
大きな体で伸びもジャンプも出来ないなんて・・・

老後の話ですが私も似たような想いがあります(*^_^*)
やはり竹藪ですかね~、
でもお金より猫拾いそうでちょっと怖いわ(笑)

アニタンちっちゃいでしょ?
湖兎子ちゃんと並んだら猫型のアゴ乗せ枕にしか見えないわよ(笑)
アバウトですけど湖兎子ちゃんの三分の一ですから(^◇^)

mogu07さん
私もつい数年前までペットショップが好きでした。
生ニャンコに逢える場所は他にはなかったですもの
でもシュウ君を迎えるに当たり
ネットで色々調べているうちに愕然としました

私が見かけた大きな子猫、今は幸せだと思いたい。

物凄い胴長猫でしょ?
珍獣発見の瞬間でした(笑)

のん福レオのお母さん
移動店舗も辛いですよね~、
狭いケースもストレスだしその上移動・・・
のんびりと落ち着く事が出来ませんね。
今は女帝ののんちゃんも最初は大変だったんですよね。
やっぱり縁あって迎えた仔を終生大事に・・・!
これが皆さん共通の想いですね

あの仔も、のん福レオのお母さんの様な方に出会えている事を
祈りたいです。

ヘンリー王子さん
ヘンリー君もとてもラッキーボーイでしたね。
頭にオデキが出来たのは可哀想ですが、
おかげでケースに陳列されずバックヤードでのんびり過ごし
アッと言う間にヘンリー王子さんに見染めてもらえて(*^_^*)

そうですね、とても可愛い子でしたのできっと誰かが
見染めてくれていると信じます。


merumomoさん
そうなんですよね、家族なんですよね
動物達に負担がかからない様にもう少し工夫して
販売して欲しいですよね。
それとなんの審査もなく簡単に買えてしまうシステムも行政が取り締まって欲しいですね。
安易に買ってポイする風潮に歯止めをかけて欲しいです。

私が気になっていた子、きっと幸せになってくれていると信じたいです。

シュウママ |  2010.03.27(土) 23:11 |  URL |  【コメント編集】

一番近いスーパーにペットショップが併設されているので、私もそういった機会が何度かありました。仰るとおり、店頭の生体販売はもっともっと厳しい規制があっていいように思います(個人的には廃止がいいですが)。これは他力本願かもしれないけど、くじら保護も大切なんでしょうが、日本のそういう部分こそつついていいんじゃないかと思ってしまいます。それと我が子を溺愛すればするほど、飼い主が決まらない全ての猫ちゃんたちも何とかしたくなるのです。何も行動できていませんが(苦)。
シュウママさんのようにそういう心があるのとないのとでは猫さまと接するときにきっと何かが大きく違うのではないかと感じます。MottoFishメンバーはいいマネージャーさんがいて幸せモノですにゃ~v。

そういう子との巡り会いの後はブログを探してしまいます(苦笑)
Tama |  2010.03.28(日) 03:26 |  URL |  【コメント編集】

私もショップ苦手です。。
まさにシュウママさんと同じ気持ちです。

ルナをかったとき同時に5匹くらいいて
すごく迷ってルナを選んだのですが
その後残りの子たちを見に行くことが出来ませんでした・・・
先進国でペットをケージに入れて売買してるのは
日本くらいだと聞いたことがあります。
ブリーダーさんから直で・・が普通に早くなって欲しいです。

ルナは3週間ほどショップにいました。
店員さんからは無理にケージから出さずにじょじょに
慣れさせてください。なんて言われましたが
家についたら2分で探索はじめて30分で終了して
全力ではじめて走ったときのルナのうれしそうな様子。。
忘れられません・・
その後ケージに戻したら「絶対いやーーー!」って猛抗議にあい
ケージは1時間で役目を終えました。。
さくらもケージいやーーは同様でした。。。

その猫ちゃん いい飼い主さんにめぐりあえていることを
切に願います。。
そして一日も早くケージ売りがなくなることを
願ってます。
るる |  2010.03.28(日) 05:14 |  URL |  【コメント編集】

■追伸

自分で後でみて書き方悪かったなー・・って思って・・汗
ルナは一目ぼれして3日ショップに通いつめて
(当時はまだ猫を飼える状態か不安だったので)
エイヤ!って決めたのですが いざ決めるだんになったら
迷いがでたんですよぅ・・・
6匹くらいいましたから・・・
結局一目ぼれを信じてルナに決めましたが
今でもあの時のあの子たちは幸せになっているのか・・
すごく気になります・・・
るる |  2010.03.28(日) 06:59 |  URL |  【コメント編集】

Tamaさん
生体販売の厳しい規制は絶対に必要ですよね!
ワンニャンに限らずすべての生き物に規制をかけて欲しいです
死亡時も動物病院などで証明書を発行して貰って届け出をする。
もちろん違反者には罰則を科す。
最近、生態系を乱す生物や危険な生物が野放しにされたりして
問題になってますよね。
そういう事を防ぐためにも生体の販売はもっと厳格にして欲しいです。

るるさん
やはり皆さん同じように感じていたのですね。
でも恥ずかしながら私がこういうことに気がついたのは
シュウ君を迎えるにあたって色々調べた時です。
それまではペットショップの生体販売に対して
あまり深く考えた事がありませんでした。
無知は怖いですね
今、小学校で「道徳」の授業が無くなったんでしたっけ?
出来ればそういう場で子供たちに命の大切さを伝えて欲しいです
ルナちゃんの兄弟達も幸せになっているといいですね
うん、きっと幸せですよ♪
シュウママ |  2010.03.28(日) 18:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shu3ragdoll.blog26.fc2.com/tb.php/325-7b63639b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。