2011.09.27 (Tue)

求む!血尿情報


4779a.jpg


次回はアニタンが主役だからね~


ホントですかニャ? 嬉しいですニャ♪


ほら、明日は、定期検診の日だし♪


う・・・嬉しくないニャ (=^・・^=)


まぁ、そう仰らずに・・・・(*^_^*)


・・・という訳で(どんな訳じゃい?)
すいません、引き続き血尿話しです。

飼い主的にはストレスに起因していると思いますが
ストレスが直接の原因で血尿になるとは考えられず・・
つまり分かりやすく例えるならば・・・

人間の話で例えます。
ストレスが起因となり、胃が痛くて胃潰瘍の症状が出た場合
胃痛の原因は胃に出来た潰瘍です(ストレスではありません)
この潰瘍を治す為の薬を飲んで治します
これをシュウ君に当てはめて、私が知りたいのは
「潰瘍」に当たる部分と「それを直す為の薬」です。

前回の血尿の時もそうでしたが、原因不明なままだと
結局、場当たり的な対処治療しか出来ません。
色々な検査をして考えられる病名の可能性をひとつづつ潰して
消去法で病名を確定するのは既に限界です。
以前にも書きましたが残る方法は実際に体にメスを入れて
臓器の様子を見る事。
つまり画像では見つけられない異常を肉眼で捜す事。

でもね、
血尿が出ている事以外は、いたって元気なシュウ君に
麻酔をかけてお腹を切るなんて私には出来ない!
まして切っても原因が分かるかどうかは不確定。
おまけに原因が分かっても治せる病気とも限らない。
そんな状態で腹切りする事に何のメリットが?
(ドクターも同意見です)

・・・という訳で現在に至っているのですが
やっぱり原因は知りたいし、治してあげたい。
だからどうしてもストレス起因の特発性出血性膀胱炎の情報や
その他の謎の血尿体験談が知りたいのです!


ただ単に安心したいと願う、医学素人の飼い主による勝手な思い込みかもしれませんが、
ストレス起因の特発性出血性膀胱炎の
情報収集にお付き合い頂けると嬉しいです。

そんな飼い主の心配をよそに今日も元気な兄妹です

ありがとう!元気でいてくれて《o(*`▽´*)o》

4780a.jpg


はいはい♪
(良い子の皆さん、はいは、一回で充分です)

やはり猫様にとっても食欲の秋なんでしょうね~
ここ数日、気温も下がって秋らしくなってきたせいか
兄妹揃って食欲が増したようです(*^_^*)
もちろん、私も♪

そこで一句、

天高く 一家揃って 肥える秋  byシュウママ

ご飯が美味しくて日増しにデブだわぁ~(笑)

4781a.jpg

 ふたつのランキングに参加しています。応援して頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ
      yajirusi-01.gifポチポチっとふたつお願いします。yajirusi-01.gif

19:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.09.28(水) 14:25 |   |  【コメント編集】

うちの旦那ちゃんも、時折血尿が出ます。。
尿酸結石なのですが。。
CTでは写るのですが、エコーでは写らないそうです。。
シュウ君のドクターを変えてみるのも一つではないでしょうか。。
相談だけでもしに行くとか・・。。
シュウママさんの心配は続きますね^^;
のん福レオのお母さん |  2011.09.29(木) 09:32 |  URL |  【コメント編集】

v-22鍵コメさん
コメを頂き有難うございます<(_ _)>
鍵コメさんの猫ちゃんの症状とウチの仔の状況が
とても似ている様な気がします。

今後も鍵コメさんチの猫ちゃんに新しい発見がありましたら
教えて頂けないでしょうか?
是非参考にさせて頂きたいと思っています。
私も何かありましたら随時ブログに書きたいと思っています
どうぞ宜しくお願いします<(_ _)>

この度は貴重なコメントを有難うございました。

v-22のん福レオのお母さん
ありゃ、旦那様が結石持ちだったのですね(T_T)

実は、今の病院にCTもあるんですが、
尿検査で結石無しという診断なのでCTは撮ってません
(尿中に結石を形成する前段階の結晶が皆無)
もし結晶があれば何処に結石があるのかを調べる為に
CTも撮るのでしょうが・・・・

今は別の視点からの治療法も考え始めています
東洋医療(東洋医学・鍼灸治療・漢方薬)
自然療法(ホメオパシー・ホモトキシコロジー)

のん福レオのお母さんの様な素敵なお手本にも出会えました。
私も精いっぱい愛情を注いでいきたいと思っています。
シュウママ |  2011.09.29(木) 18:15 |  URL |  【コメント編集】

みかんも一度だけ膀胱炎を経験しており、その際は典型的な膀胱炎の行動を取ったのですぐに分かりました。

その際に掛かり付けの獣医師から聞いた情報です(シュウ君にあてはまるかどうかは不明ですが・・・)

・特発性膀胱炎は自己免疫疾患を持っている個体に多い
・ドライフード主体の子が多い、缶詰主体に変えると軽減されるケースがある
(水分摂取量が少ないとなりやすいと言う意味らしいです)
・純血種・太り気味の猫はリスクが高い
・基本的にはストレスがトリガーになる
・人の間質性膀胱炎と非常に似ている、治療法や原因も同じかもしれない

治療にはフェリウェイやステロイド、ジメチルスルホキサイド等が使われるそうですが、自然と治るので薬が効いてるかどうかはよく分からないみたいです。

解決策にはならないとは思いますが、少しでも役に立てば幸いです。
mikan@ラグドール |  2011.09.30(金) 15:11 |  URL |  【コメント編集】

秋になって食欲があるのは良いことですよね。
太り過ぎには注意ですが^^;

血尿のこと、猫友さんとかにも聞いてみます。
何かわかったら、お話しますね。
原因を解明出来て、シュウくんの血尿、
どうにかしてあげたいですね。。
shi-ko |  2011.09.30(金) 19:55 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.09.30(金) 21:03 |   |  【コメント編集】

うちのにゃんずはノミの心臓ですが、とりあえずは膀胱炎も経験無しです。
いろいろと情報を伺えたら、ご報告しますね。

猫ちゃんというのは、わんちゃんのように群れの世界で生きていないので、いつもピリピリしているのかもしれませんね。
うちの2匹については寝こけるという姿を見たことがありません。
瞬時に警戒態勢をとるので、それは見事、それでもストレスとかは感じていないのかも。
個体差ってあるんでしょうね。
がんばれシュウくん、アニタン(*^^*)
ヘンリー王子 |  2011.10.01(土) 15:08 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.10.01(土) 17:10 |   |  【コメント編集】

v-22mikanさん
mikanさんの掛かり付けドクターの話しですが
そうやって考えると全てに合点がいきます。
シュウ君の自己免疫疾患、カリカリ命、純血種
骨格は小さいがポッチャリ気味体型、
繊細なのでストレスを受けやすく、ストレス後に血尿。

これってまるでストライク賞!

やはりストレス後のケアが大事なのかな~
貴重な情報有難うございます<(_ _)>

v-22shi-koさん
今回の増量キャンペーンは、もはやホラーを超えました(笑)
僅か数か月の間にスカートのサイズが
2サイズアップです(T_T)
ワンサイズではありません、ツーサイズです・・・
去年の秋冬に履いていたスカートは全滅です。
今後は裸で通勤か?《o(*`▽´*)o》まぁ大変!

血尿情報が頂けるのはとても嬉しいです。
いつも有難うございます♪

v-22鍵コメさん
いつも有難うございます。
お互いに病院の常連組は大変ですよね~

v-22ヘンリー王子さん
大の字になって寝たり、ゴロゴロしている姿を見るにつけ
一体、何がストレスなのか首をかしげてしまいます
・・が、生粋のビビリンチョだからなんでしょうね~
インターフォンのみならず家の外からもれ聞こえる
話し声にもビビります。
持って生まれたビビリ体質の上に超過保護に育てた事が
裏目に出てしまったんでしょうか(T_T)

v-22鍵コメさん
いつも有難うございます。
後ほどメールいたしまする。

シュウママ |  2011.10.01(土) 19:14 |  URL |  【コメント編集】

応援ポチしていきますね~☆
のん福レオのお母さん |  2011.10.02(日) 07:33 |  URL |  【コメント編集】

v-22のん福レオのお母さん
いつも有難うございます <(_ _)>
シュウママ |  2011.10.02(日) 17:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shu3ragdoll.blog26.fc2.com/tb.php/577-6cb6f8f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |